日本最大級のハーブ園神戸リゾートサービス株式会社が運営する「神戸布引ハーブ園/ロープウェイ」が、 2019年7月13日から2019年9月1日までの期間限定で夏の特別企画「光の森〜Forest of Illuminations〜」を開催しています。

「神戸布引ハーブ園/ロープウェイ」は、神戸市街地や北野異人館からもアクセスの良い場所にある観光施設。

「新神戸駅」から徒歩約5分の乗り場から出発するロープウェイでは、神戸の街並みを眼下に眺めながら約10分間の空中散歩を楽しめます。

日本最大級のハーブ園である神戸布引ハーブ園では、テーマの異なる12のガーデンで約200種(75000株)の花やハーブが見られます。

神戸の夜景を楽しめるバーも限定オープン2014年7月にスタートした「光の森〜Forest of Illuminations〜」は、標高400メートルに位置する古城(展望レストハウス)や城門、樹木のライトアップが行われるイベント。

開催6回目をむかえる今回は「森の大聖堂」がテーマ。オリジナルの多声音楽をバックにうつり変わる光が織りなす幻想的空間を楽しめます。

また期間中は「神戸ガーデンテラスバー」がオープン。ハーブ園産のペパ―ミントを使った「布引モヒート」やオリジナルカクテルが提供されます。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※神戸リゾートサービス株式会社のプレスリリース/PR TIMES


※神戸リゾートサービス株式会社