文化財指定の建造物を間近で見学可能リアル謎解きゲームを使ったプロモーションを提案する株式会社ハレガケが、愛知県犬山市の「博物館明治村」で、リアル謎解きゲーム「博物館明治村×TVアニメ『ゴールデンカムイ』黄金の村を開放せよ!編」を2020年9月19日から開催します(2020年11月23日まで)。

67件の移築展示建造物(うち11件が重要文化財、1件が愛知県指定文化財)を誇る「博物館明治村」は、名鉄「犬山駅」からバス約20分の場所にある野外博物館。全国でも屈指の展示数を誇る文化財を間近で見学できます。

宇治山田郵便局舎(重要文化財)内にある博物館明治村簡易郵便局では、10年後に手紙が届くサービス「はあとふるレター」を利用可能。このほか蒸気機関車やレンタル衣装などの体験コーナーやグルメなどを通じて楽しく明治時代を体感することが可能です。

番組にちなんだオリジナル限定メニューも必見今回実施される「博物館明治村×TVアニメ『ゴールデンカムイ』黄金の村を開放せよ!編」は「博物館明治村」の雰囲気と「ゴールデンカムイ」の世界観を楽しめる体感型ゲームイベント。

制限時間はないので、ゲームの合間に明治村の文化財を見学したりグルメを味わったりすることも可能。

開催期間中は「不死身の杉元ミックスベリーソーダ」や「エゾシカ肉入りライスカレー」といった「ゴールデンカムイ」にちなんだ限定メニューやオリジナルデザインの明治村住民登録票(パスポート券)が販売されます。

2018年4月に第1期放送をスタートした「ゴールデンカムイ」は、埋蔵金をめぐるアクションとサスペンスを軸に狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する内容で話題を呼んでいるTVアニメ。2020年10月からは第3期の放送がスタートします。

(C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

※オリジナルデザイン住民登録票はゲーム開催期間中のみ有効。

(画像はプレスリリースより)
(画像は博物館明治村より)


【参考】
※株式会社ハレガケのプレスリリース/@Press


※博物館明治村