川崎市内でははじめての出店小田急線「新百合ヶ丘駅」近くの「マプレしんゆり」2階で「しんゆりベッカリー」がオープン。2020年10月16日の初日には、開店前から行列がのびる大盛況となり、3時間で完売となりました。

アイワ広告株式会社が運営する「しんゆりベッカリー」は「もちもち生食パン」シリーズで知られる「サニーベッカリー」「マチダベッカリー」に続く高級食パン専門店。川崎市内でははじめての出店となります。

妥協のない原材料選び・素材選びを重視している「しんゆりベッカリー」では、北海道十勝産の最高級品質の国産小麦「ゆめちから」を使用。生地づくりから完成まで17時間をかけています。

パン以上、ケーキ未満のおいしさが自慢「しんゆりベッカリー」では「もちもち生食パン」シリーズ各種とクリームパンを販売。

「ゆめちからもちもち生食パン」(1.5斤820円)はテレビや雑誌などのメディアでも話題を呼んでいる人気ナンバーワン商品。

テレビ番組でも絶賛されたレーズン生食パン(1200円)は、ラム酒につけこんだレーズンの豊かな甘みと生食パンの食感でリピーターが続出しています。

全粒粉生食パン(720円)は、小麦粉の表皮と胚芽まで丸ごと使用。高い栄養価が魅力です。

生地にとけこんだチェダーチーズがパンの味を引き立てる「生地どけチーズ生食パン」(1200円)はワインと合わせて優雅な味わいを楽しめます。

「いちじくクルミレーズン生食パン」(1200円)は何度でも口に運びたくなる止まらないおいしさと食べごたえが特徴。

「しんゆりパンまつり」で好評を博した「平飼いたまごのクリームパン」(220円)は、山梨県の平飼い農場で育ったニワトリのたまごを使用しています。

※価格は税込み。

(画像はプレスリリースより)
(画像はアイワ広告株式会社より)


【参考】
※アイワ広告株式会社のプレスリリース/@Press


※アイワ広告株式会社