SNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」は、このたび、ヘアケアブランドの「リーゼ」(花王株式会社)との共同調査を実施。
「ニューノーマル下における女子高生の顔まわりの印象チェンジ」をテーマとした調査レポートを発表しました。
withマスクで「目もと」&「髪」の重要性が拡大しているようです。

女子高生が求める「垢抜け」=印象変化15〜18歳の女子高校生500名を対象に行った調査において、今の女子高生たちがどのような「顔まわりの印象」を目指したいかを調べると、「垢抜けたい」というフレーズが多数出現。
そこで、「“垢抜けた印象”になりたいと思いますか?」と聞くと、92%と大多数が「思う」と答えました。

「垢抜け」の意味合いとしては、「その人自身の魅力がさらに引き出されている感じ」(63%)が最も多く、「おしゃれな感じ」(57%)、「それまでと印象が少し変わった・違う感じ」(48%)など、その人自身の魅力が引き出され、印象に変化が生まれることがポイントであるようです。
顔まわりの印象の変化=“印象チェンジ”に取り入れているアイテム・方法を聞くと、マスクが日常となる以前は「リップ」(81%)が圧倒的。
一方で、現在は「アイシャドウ」(58%)、「リップ」(56%)、「ヘアアレンジ」(54%)が上位に並び、マスクをしていても見える、目もと・髪の重要度が上がっていることが分かります。

加えて、約半数がマスクをする影響で、「これまでのようなおしゃれ(メイクアップ)ができなくなった」(47%)、「これまでとは異なる“印象チェンジ”の方法が必要だと思う」(51%)と感じていることが明らかになりました。

マスクありの“半顔”で、印象に残る二大パーツは「目」&「髪」顔まわりで「印象に残るパーツ」をマスクの有無別に聞いてみると、マスクなしでは「目」(55%)、「唇」(55%)、「髪・ヘアスタイル」(40%)がトップ3だったのに対し、マスクありでは「目」(75%)、「髪・ヘアスタイル」(43%)、「まゆ」(21%)と変化。

上位2パーツの回答が3位以下を大きく引き離しており、マスクをしていても見える「目」に加えて、「髪」と、2つのパーツの影響が強くなっていることが分かります。
また、マスクありの状態では上位3パーツ以下は「唇」(4%)、「頬」(2%)などすべて1割以下の回答で、マスクをしていても見える顔の上半分、いわば“半顔印象”が、顔まわりの印象づくりに大きく寄与していることが分かる結果となりました。

専門家に聞く“印象チェンジ”の方法イメージコンサルタントの難波蘭氏によると、髪は面積が大きいため少しのアレンジや色の違いでも変化が分かりやすく見て取れる、“印象チェンジ”しやすいパーツだそう。
効果的な“印象チェンジ”の近道として、特にカラーに関しては、自分に似合う色やトーンを探ることが効果的な“印象チェンジ”への第一歩。
マスクで“半顔印象”になっている今、髪はこれまでと違うカラーなどに挑戦する機会でもあると語りました。

簡単“印象チェンジ”を叶える1日だけのポイントカラー「リーゼ 1DAYヘアモンスター」花王のヘアケアブランド「リーゼ」の「1DAY ヘアモンスター」は、普段の髪色に部分的にカラーを加えて、1日だけ気軽にヘアカラーをチェンジすることができる、全6色のポイントカラーリング(毛髪一時着色料)です。
黒髪にもしっかり発色し、その日のファッションや気分にあわせて、いつでも、誰でも簡単に、1日だけの髪色チェンジが楽しめます。

マスクをしていても印象チェンジができる、「ヘアモンスター」。
イベント時や気分を変えたい時に、活用してみてはいかがでしょうか。

【参考】
※リーゼ 1DAY ヘアモンスター ブランドサイト