知っているけど未体験という人が最多国内100万人の会員を抱える旅行メディア「トラベルズー」を運営するトラベルズー・ジャパン株式会社が「グランピング」に関するアンケート調査を実施、2021年8月19日付けのプレスリリースで結果を公表しました。

グランピングという言葉の認知度についての質問では、81.6パーセントの人が「知っている」と回答しています。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、3密を回避しながらアウトドアを味わえる旅のスタイルとして、グランピングの認知度が高まっていることがうかがえる結果となりましたが、実際にグランピングを体験したことがある人は、回答者全体の14.4パーセントにとどまりました。

自然や非日常、快適さに人気が集中グランピングのメリットについての質問(回答者全員が対象)では「自然や非日常感を楽しめる」という回答が71.9パーセントで1位となり、そのほかでは「少ない荷物で楽しめる」「満天の星が楽しめる」「風呂やシャワーがあり快適」「知識や経験が少ない初心者でも気軽に楽しめる」といった回答が上位に入っています。

実際にグランピングを経験した人になぜグランピングをやってみたのかたずねたところ、1番多かった回答は「グランピング自体に興味があったから」(70.1パーセント)。次いで「自然や非日常を楽しみたい」(51.9パーセント)、「手ぶらで楽しめる」(42.9パーセント)という結果となりました。

(画像はトラベルズー・ジャパン株式会社より)
(画像はプレスリリースより)
(画像はトラベルズーより)


【参考】
※トラベルズー・ジャパン株式会社


※トラベルズー