途上国での学校給食支援に日清オイリオグループ株式会社は、10月1日(金)から11月30日(火)の期間中、参加した全社員の合計歩数に応じて寄付を行う「社会貢献」とコロナ禍における「社員の健康維持・増進」を目的に、オンラインによる社員参加型イベント「オイリオ チャリティウォーキング」を実施しました。

同イベントは参加した社員495名人の総歩数を1,000歩=1円で換算し、参加者合計歩数225,766,518歩から225,766円の寄付を行ったものです。

この金額は7,525名の子どもたちの学校給食1日分に相当するもので、国連WFPの行う途上国での「学校給食支援」に役立てられます。

健康経営推進にも日清オイリオグループ株式会社は、世界の飢餓と貧困の撲滅を使命とするWFP国連世界食糧計画の活動に賛同し、国連WFP協会の評議員として支援を行っています。

これまでもWFPのチャリティウォーキング「WFPウォーク・ザ・ワールド」に多くの社員が参加していましたが、新型コロナウイルスの影響により、2020年に続き、2021年の開催が中止されたことを受け「オイリオ チャリティウォーキング」が実施されました。

あわせて、2020年から健康に関する情報を集約した社員向けのWEBサイト「健康ポータルサイト」を開設し、健康経営推進の一環としてサイト上で歩数ランキングを公開し競い合う、ウォーキングイベントを定期的に開催しています。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※日清オイリオ 健康経営への取り組み