持ち運びが重い、毎回のゴミ捨てが面倒……。
そんなコードレススティック掃除機のデメリットを解消した掃除機をご紹介します!

セパレート型コードレススティック掃除機特長パナソニックでは、掃除をしていない「掃除“前後”」に存在するストレスに着目。
2021年10月に「セパレート型コードレススティック掃除機(MC-NS10K)」を発売いたしました。

本製品は、最大で3ヶ月の入荷待ち状態が続いておりましたが、2022年6月1日(水)より、通常納期でのお届けが可能になりました。

掃除後のゴミを自動で収集するクリーンドック搭載により、スティック本体のゴミ捨て不要でお手入れの負担を大幅に軽減しています。

掃除機は使用中と使用後の両方に不満があることがあきらかに同社が行った調査によると、「キャニスター型(サイクロン)」では、「ゴミ捨ての時にゴミが舞う(36.0%)」といった“掃除機の出し入れ”の他、“ゴミ捨て”に関する項目が上位にあがりました。

本製品は、1回の掃除が完了するごとに、本体のフィルターケースにたまったゴミをクリーンドック内の紙パックに自動で移送します。
さらに、紙パック式のため簡単かつ清潔に交換ができるうえ、ノズルは髪の毛やペットの毛もからみにくい「からまないブラシ」を搭載し、掃除機のお手入れの負担を大幅に軽減します。
さらに調査では「キャニスター型(紙パック)」では、「本体が重い(56.9%)」「取り出しやかたづけが面倒(32.5%)」といった“掃除機の出し入れ”に関する項目が上位に。

本製品はダストボックスを分離したことで、本体はスリムで軽量なデザインになっています。
クリーンドックに設置された本体を手前に引くだけで簡単に取り出すことができ、軽く動かすだけでお掃除が可能です。

今、掃除機に求められている価値今回の調査では、「掃除中」“だけ”ではなく、今まで意識していなかった、掃除をしていない「掃除“前後”」にも『隠れたストレス』が存在していることが分かりました。さらに、コロナ禍をきっかけに大きく在宅時間が増えた環境で、掃除にストレスを感じている人ほど在宅環境の満足度が低く、今の在宅環境をより良いものにするためには、掃除に関するストレスを解消することが大事になってくることも分かりました。

掃除の始まりから終わりまでラクに使えることで、ストレスなく掃除ができる。
そんな掃除機が今後の主流となりそうです。

【参考】
※「セパレート型コードレススティック掃除機」ブランドサイト