ブックオフグループホールディングス株式会社の子会社で、リユースショップ「BOOKOFF」等を運営するブックオフコーポレーション株式会社以下、ブックオフ)は、書籍やソフトを割安で購入できる回数券「ブックチケット」サービスを大幅にリニューアルし、ブックオフ初となるサブスクリプションサービスと電子雑誌読み放題プランを加え、BOOKOFF一部店舗(154店舗)で2022年8月1日(月)に提供を開始いたしました。

ブックオフ初のサブスクサービス「ブックチケット」「ブックチケット」は、店舗で販売している220円以下の本が通常価格よりも最大70%OFFで購入できるサブスクサービスです。

お客さまのご利用シーンに合わせ、5種類の料金プランを設定しています。これまでの「ブックチケット」は、1日の利用上限数が設定されていましたが、月額定額プランでは上限に制限はなく、より便利で使いやすい仕様となっております。

また、「ブックチケット」ご利用期間中は、いつでも最大10%OFFで購入でき、お売りいただく際も本の買取金額が20%UPになるため、よりお得にBOOKOFFをご利用いただけます。なお、これまで同様980円で15冊まで引き換え可能なチケットの提供は継続いたします。

ブックオフ初の電子雑誌読み放題サービス株式会社ビューンのサービスを活用し、「ブックチケット」でも700誌の電子雑誌が読み放題のプランもご用意しました。BOOKOFFで最新の雑誌をお楽しみいただけます。

■「ブックチケット」提供サイト及び実施店舗はこちら
URL:

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※公式サイト