眼病平癒の祈願所として、平安時代より天皇家・公家や眼病に悩む人々に信仰されてきた京都府長岡京市の「柳谷観音」では、2023年11月11日(土)から12月3日(日)まで秋の紅葉イベントとして今年も「柳谷観音 紅葉ウィーク」を開催します。

願いを立てる寺 柳谷観音 境内一面に広がる美しい秋の風物詩広大な境内は高低差があり、もみじも場所によって見頃が違うので常にどこかの場所が綺麗に色づいているのが特徴です。市内の喧騒を離れた場所に位置するためあまり混みあっておらず、ゆっくりとお参りや紅葉を楽しめるのも魅力。期間中は上書院特別公開の他、限定御朱印授与なども行われ、夜間には毎年好評の名勝庭園 浄土苑のライトアップも行います。

「柳谷観音」は、SNSやメディアでも話題の“花手水(はなちょうず)”発祥の地。本イベント期間中には、花手水まつり・各所花手水を実施します。また代々伝わる天皇家から下賜された寺宝展も開催。

歴史ある柳谷観音で、深まる秋と美しい日本の文化・芸術が堪能できます。

【開催概要】
◆開催期間
・11/11(土)〜12/3(日) 17時 完全閉門
ご祈祷受付終了:15時
御朱印受付終了:16時半

◆拝観料 700円
・上書院拝観料 別途 800円

◆花手水まつり
・境内10カ所ほど花手水も行います。最新情報は各SNSでご確認ください。

◆上書院特別公開(15時まで) ※事前予約制
公式サイトからのご予約もしくは、山門受付で1,500円ご用意ください。

◆寺宝庫 天皇家下賜品、「謎の生物のミイラ」等特別公開 (9時〜16時)

◆紅葉ウィーク限定御朱印

◆期間中のワークショップ・イベント
・11/12(日) 香り・花・天然石で作るロールオンアロマ
・11/25(土) 数珠ブレスレット作り
・11/25(土) 西山高校茶道部によるお茶会 先着100名さま
・11/30(木) 反物から作った日傘の展示販売など

その他詳しい内容は公式サイトにて情報公開中

【寺院概要】
古来より眼病平癒祈願所として、天皇家・公家の方々をはじめ、人々の厚い信仰と治癒された方々によって支えられてきた京都は長岡京に開かれた寺院。お山の静寂な雰囲気のもとに身を置くことで、しばし日常を忘れて心をリセットできるお寺です。

寺名  : 柳谷観音 楊谷寺
代表住職: 日下 俊英
所在地 : 〒617-0855 京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2

<交通アクセス>
11/17(金)はご縁日シャトルバスを増便、1時間延長運行します。
阪急西山天王山駅は20分おきの増便
JR長岡京は30分おきの増便
柳谷観音発の最終便は14:40になります
※バスの運行は11月17日(金)のみとなります。
※運賃は、志納金として片道300円いただいております。
※満員になり次第、定刻より早く発車することがございます。

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)

※出典: