お笑いタレントのキム・シニョンが、ガールズグループ「OH MY GIRL」の元メンバーで、歌手ジホとの同性熱愛説を直接釈明した。

 キム・シニョンは20日、MBC FM4Uラジオ番組「正午の希望曲、キム・シニョンです」で、「正直に話したかった。対応も必要ない。釈明をたくさん要求された。正直言うけど、違うよ、って。すっきりと出てくる」として口を開いた。

 先立って、YouTubeチャンネル「脱オタク収容所」は18日、映像を通じてキム・シニョンとジホが数年間交際中だと主張した。このYouTuberは2人が服や靴、アクセサリーはもちろん同じ指輪までつけているとし、「ジホがキム・シニョンを真似してショップを変えた」という根拠も挙げた。

 これに対しキム・シニョンは、憤慨したような声で「(この状態で)ジホと一緒にどこか外にも出かけられる?出かけられないと思う。新しい挑戦(ソロ活動)をするジホをたくさん応援してほしい」とし、「隠すような話ではない。せっかちな性格なので、きっぱりと言う。確実に違う」と繰り返し強調した。

 それとともに、「自分の話ができるラジオ番組があって幸いだ。ジホが進む道を邪魔することなく、応援してほしい。繰り返し強調する。違うから!」とし、「あの服は私の服。ブレスレットは2008年に買ったもの。すっきりした。楽になった」とため息をついたりもした。

 キム・シニョンはまた、「さらに資料に出てきた服は、(美容室の)チョ・ソンア院長がくれたものだ。ジホが公の場に出るときやファンミーティングのときなどに、よりかわいくなってほしいと思って私の服を貸しただけだ。私のSNS見れば、すべて出てくる。フォローしてほしい」として、「さっぱりとここまで申し上げる」と結んだ。