韓国俳優チ・チャンウクが、ドラマ「ヒーラー」終演の心境を伝えた。



 チ・チャンウクは去る10日、KBS2「ヒーラー」が終演を迎えた後、所属事務所を通して「無事に終えることができて本当にうれしく、何より良い方々と作業することができて、とてもうれしかった」と心境を伝えた。



 続けて「とても残念だが、良いシーンのためにいつもベストを尽くしてくれた作家、監督をはじめスタッフ、共演者の先輩、同僚たち、ご苦労さまでした」とし、共にした仲間たちへの感謝も忘れなかった。