韓国ボーイズグループ「HOTSHOT」が、15日に放送されるMBCの音楽番組「音楽中心」に出演し、2年ぶりに国内で活動をする。

 所属事務所側は15日、「『HOTSHOT』が2年ぶりにデジタルシングル『ゼリー』を発売し、『音楽中心』に出演して披露する」と明らかにした。

 「音楽中心」で初公開する今回のシングルのタイトル曲「ゼリー」は「Devine-Channel」が作曲した曲で、「HOTSHOT」のセクシーで成熟した魅力がつまっている。特に「プロデュース101 シーズン2」に出演したノ・テヒョン(キッド・モンスター)が振り付けを構成し、リーダーのジュンヒョクとラッパーのユンサンが作詞に参加するなど、アーティストとして力を発揮している。

 今回の作業に参加した「Devine-Channel」は、「EXO」や「テティソ」、「防弾少年団」や、「プロデュース101シーズン2」にも曲提供した作曲チームで、長い間「HOTSHOT」メンバーと個人的にも親しくしており、音楽的な交流を続けてきた。

 所属事務所関係者は「今回のアルバムに収録された新曲をデモ段階からメンバーのティモテオが積極的に参加しただけでなく、『プロデュース101』が終わってグループに復帰したノ・テヒョン(キッド・モンスター)が自ら振り付けを構成するなど、メンバーの参加度が高まっている」とし、「『Wanna One』の活動のため、今回のアルバムで一緒に活動できないソンウンも喜んで応援してくれており、良い結果を期待している」と伝えた。