韓国アイドルグループ「EXO」がレゲエに挑戦した心境を明かした。

 18日、ソウル・ソウル・広津区(クァンジング)WALKER HILLホテル・アストンハウスにて「EXO」が4thアルバム「THE WAR」カムバック記者会見を開催した。

 この日、タイトル曲「Ko Ko Bop」に関して「EXO」が「レゲエとEDMが結合され、僕たちにとっては“挑戦”といえる。初めて披露するジャンルでもある。僕たちも楽しく今回のアルバムを制作した」と説明した。

 「Ko Ko Bop」の意味を問う質問にSUHO(スホ)は「リズムに合わせて一緒に、楽しく歌って踊ろうという内容を込めている。新鮮な表現を悩んでいてこのタイトルをつけることになった」と述べた。

 特に「EXO」が今回の新譜を通じて、新曲の作詞・ラップメイキングに大挙参加しており、音楽的に成長した姿を披露した。BAEK HYUN(ベクヒョン)は「進むにつれてCHANYEOL(チャンヨル)がたくさん参加して胸がいっぱいで感心している。大衆とファンがたくさん期待してほしい」と述べた。