韓国男性グループ「JYJ」ジェジュンがドラマ「マンホール」撮影中に負傷したことがわかった。

 ジェジュンの所属事務所C-JeSエンターテインメントの関係者は18日「ジェジュンが17日、KBS『マンホール』撮影中に倒れる過程で、床に手をついた際に小道具の焼酎瓶で手を切り、7針縫った」と伝え、「激しく出血したため、病院治療を受けなければならず、きょう(18日)の撮影は中止した」と明らかにした。

 続けて「撮影を続けなければならず、本人(ジェジュン)も意思が強いため、明日(19日)から撮影を再開する予定だ」とし「2日に1回は病院の通院治療を並行しなければならないようだ」と説明した。

 ジェジュンは来る8月9日に初放送を控えている「マンホール」の撮影の真っ最中。同ドラマはボン・ピル(ジェジュン扮)が偶然マンホールに落ちて繰り広げる時間旅行を描いたタイムスリップコミカルアドベンチャーで、「7日の王妃」の後続番組として放送される予定だ。