7月19日(水)に2ndソロシングル「I‘ll be there」をリリースする「U-KISS」リーダーのスヒョン。2015年8月に1stソロシングル「君だけを」でソロデビューを果たしてから、約2年ぶりとなる今作では、楽曲、PVを含めてセルフプロデュースを担当。今回は、スヒョンの楽曲のみならず、「U-KISS」の末っ子・ジュンとのコラボ曲2曲を含む全3曲が収録され、スペシャルなシングルとなっている。

 「U-KISS」としては、ケビン卒業後初の新曲リリースとなり、さまざまな思いを胸に、新たな覚悟でソロ活動を展開していくスヒョンと久しぶりに会った。いつもの明るい雰囲気で、「お元気でしたか? 」とあいさつをしてくれたスヒョン。意外にも、ソロでのインタビューは初めてとなるが、「ソロインタビュー、楽しみです! 」とニッコリし、新曲にまつわるエピソードはもちろん、「U-KISS」メンバーの近況までたっぷり語ってくれた。


<b>―ケビンさんの卒業で、「U-KISS」が5人体制になってから、初めての活動がスヒョンさんのソロ活動になりましたね。</b>
プレッシャーがいっぱいあります(笑)。2年前のソロデビューのときは、「U-KISS」の代表として活動したんですけど、今回は「U-KISS」も僕も、「KISSme」(=「U-KISS」のファン)の皆さんも、大変なことがあったから、皆さんに歌でパワーをあげたい、っていう気持ちが強くて、すごく頑張りました! 

<b>―1stシングル「君だけを」はバラードでしたが、今作はどういうコンセプトで、この3曲の収録になったんでしょうか? </b>
シングル全体としては、いろいろなジャンルに挑戦したかったんですね。そして、2曲はジュンがフィーチャリングで参加してくれて、もっといい仕上がりになったと思います。タイトル曲「I‘ll be there」は、全体的にスヒョンが内容を考えて、セルフプロデュースをしました。人は誰でも、自分にとって大切な人というのが、1人はいるじゃないですか。その大切な人を想いながら作った曲なんです。僕はケビンのことを想いながら。

<b>―やっぱりそうでしたか!! ファンの皆さんのSNSなどでの書き込みを見ていると、「I‘ll be there」はスヒョンさんが、ケビンさんと離れたいまの心境を歌っているようだと。</b>
(驚いたように)え〜!! みんな分かっているんだぁ。(感心したように)へぇ〜。

<b>―歌い出しの歌詞が、「どれだけ時が過ぎただろう 別々の道を選んだ」じゃないですか。</b>
そうですね。その後、「長く長い旅の途中で」と続いて。でも、この曲の歌詞はどうですか? いいですか? 

<b>―ステキな歌詞だと思いますよ! そして、歌詞の中に出てくる「君」をケビンさんでもいいし、違う誰かに当てはめながら聴くこともできるし。</b>
そうですね。自分が大切にしている人や、愛した人、いろいろな人を思い浮かべながら聴くことができる曲です。

<b>―今回はセルフプロデュースということですが、出来栄えは何点ですか? </b>
80点です。

<b>―足りない20点は? </b>
メンバーたちがいない分です(笑)。今回、全体的な雰囲気としては、自分でもよくできていると思っているんで、いい点数をあげたいけど、謙遜して80点です。(思い出したように)あ〜、でも、「I‘ll be there」はいまでも覚えているんですけど、深夜2時か3時ぐらいに、デモを聴きながら、僕が詞の内容を書いたんですよ。みんなが、(ケビンのことを思って書いた歌詞だということを)分かっているって、知らなかった。へぇ〜。

<b>―さすがスヒョンさんのファン、「U-KISS」のファンって感じですよね。</b>
また皆さんの愛を感じました。ありがとうございます! 

<b>―今回セルフプロデュースをしてみて、大変だったことはありますか? </b>
そんなに大変な部分はなかったけど、1番大変だったのはPV撮影。共演した女優さんを「KISSme」だと思って演じたんですけど…。ん〜、すごくなんか…、曲の世界観をちゃんと見せるために、演技しなくちゃいけない、というのが一番大変でした。ハグとかうまくできなくて(笑)。

<b>―照れてしまった? </b>
違います! そういうスキンシップが苦手なんです。リップシンクするシーンは、そんなに時間がかからなかったけど、スキンシップをするシーンは23テイクぐらい撮り直して(笑)。本当に女優さんとの演技が難しかったです。意外だと思いますか? 

<b>―ハイ、そんなスヒョンさん、意外ですね〜。</b>
たぶん、ファンの皆さんもそう思うでしょうね(笑)。

<b>―フンさんに、どう演じたらいいか、聞かなかったんですか? </b>
あ〜、そういえば、フンもソロデビューのPVで、女優さんと共演しましたよね。フンはすごく早く終わったって。ハハハ。フンはドラマにもたくさん出ているし、さすがだなと思って。僕も簡単にできるだろうと思ってやったけど、なかなかできなくて、すごく自分が(小さい声でつぶやくように)むかつく…。

<b>―でも、そのおかげで自分の新しい一面を発見しちゃいました? </b>
ハイ! うわ〜、スヒョンも意外に、スキンシップをするとき緊張するんだなぁ。バカだなぁと思って(笑)。大変でした。でも、セルフプロデュースってすごく楽しかったです! スタッフの皆さんと一緒に相談しながら、一つのものを作っていくっていうのが楽しかったし、今度また、「U-KISS」のアルバムとかシングルを作るときは、スヒョンがセルフプロデュースをしたいなって思いました。メンバーそれぞれの魅力をちゃんと見せたいし、それができるのはスヒョンかなって(笑)。

<b>―今回は、自分のことを客観的に見て、どういう部分をアピールしていこうと思いましたか? </b>
今回、収録曲が3曲あるんで、曲ごとに、その雰囲気をちゃんと表現しようということに集中しました。マジメで真剣な雰囲気じゃなくて、爽やかな雰囲気を見せたいと思いました。だから、レコーディングのときも、スヒョンが意見を出して、歌詞の言葉を変えたり、メロディもちょっと雰囲気的によくなるように修正したりしたんです。

<b>―ジャケット写真も爽やかな印象ですよね。</b>
「U-KISS」での活動も含め、いままでで一番衣装が多かったんじゃないかな。PV撮影のときは、衣装が8パターンもあって、時間の流れも自然に表現できたと思うし、新しい姿を見せられるんで、今回ホント大満足です! 

<b>―今回はどうしてジュンさんとコラボすることになったんですか? </b>
やっぱり、ソロのシングルなんですけど、1人でちゃんと表現できるのか、ちょっと心配な部分があって…。

<b>―そうですか!? スヒョンさんは十分歌唱力もあるのに。</b>
けど、僕も人だから、できない部分もあって、ちょっとジュンの力が必要だなと。スタッフさんと相談して、今回ジュンが参加することになったんです。やっぱりジュンはうまいですよ! 

<b>―ジュンさんはラップで参加するのかと思っていたら、「STORY」という曲では、ラップではなく、ボーカルとしてしっかり歌っているのでビックリしました。</b>
それを皆さんに見せたかったんです。皆さんも、ジュンがラップで参加していると思うだろうから、逆に歌でしっかり見せようと、一緒に歌いました。今回はスヒョンのソロシングルですけど、ジュンが参加するパートもいっぱいあって、ジュンの魅力もちゃんと見せられるシングルになったんで、うれしいです! 

<b>―「STORY」でのジュンさんのボーカルについては、スヒョンさんはどう思いましたか? </b>
最初は、僕が1曲通してレコーディングしたものをジュンに聴かせて、ジュンが練習したんですけど、スヒョン1人のバージョンより、ジュンと一緒に歌ったバージョンのほうがステキだなと思って。ジュンはラップがうまいのは皆さんも知っていると思うけど、歌もうまいということをちゃんと見せたことはないんですよ。今回の企画で、またジュンの新しい姿を見せられるんで、楽しみにしています。

<b>―スヒョンさんからジュンさんに、何かアドバイスはしたんですか? </b>
やっぱり感情表現。僕もそんなにうまくないけど、日本語で感情表現をするのが難しいと言っていたから、レコーディングするときも、ジュンが歌うのを聴きながら、この部分はこうだよってジュンに話したりしました。でも、そんなに時間もかからず、終わりましたね。ただ、これは僕の欲張りなんですけど、ジュンがもうちょっと本気の気持ちを表現するのが、うまくなればいいなと。歌のスキルとかじゃなくて、表現力がうまくできるようになったらいいなと思っています。

<b>―ジュンさんはまだ若いですからね。</b>
経験も多いわけではないし。でも、それがちゃんとできると、「U-KISS」の中で一番歌がうまいかもしれないです。

<b>―えっ、スヒョンさんを抜いて? </b>
あ、僕よりは下だけど(笑)。でも、本当にメンバーの中で一番になるかもしれない。僕よりもうまくできると思います。

<b>―スヒョンさんがそこまで褒めるなんて、ジュンさんだいぶ成長しましたね。</b>
でもまだまだですよ。もっと成長できます! ジュンにはすごく期待しています。

<b>―そして、もう1つの曲「WILE&TOUGH」では、ジュンさんのラップもあって。</b>
実は、今回のシングルはもともと2曲だけだったんですけど、スヒョンがこの曲をすごくやりたいって言って、急きょ追加したんです。ロックジャンルみたいな曲をやりたかったんで。スヒョンの力強いボーカル、スヒョンらしいボーカルというのを見せたかったんで、この曲を選びました。

<b>―「WILE&TOUGH」はパフォーマンスが入ると、さらにカッコよくなりそうですが。</b>
でも、今回はパフォーマンスをしないです。スヒョンの歌声、表情を集中して見せたいので。もちろん、僕もジュンとのパフォーマンスを考えたんですけど、やっぱり曲をちゃんと聴かせたいって気持ちが強くて。ま、ジュンのラップパートは、ジュンのことを信じているんで、安心して聴けるし、ライブで披露するのも楽しみにしています。

<b>―そのライブ「SOOHYUN(from U-KISS) FIRST SOLO LIVE 2017 with JUN」は7月23日(日)に大阪、25日(火)に東京で開催。ソロでは初めてのライブとなりますね。</b>
プレッシャーです。

<b>―1人でステージを展開していくことになりますが、どんな気分ですか? </b>
まずは本当に寂しいです。いまもそうですけど、メンバーに会いたくなります。でも、今回は生バンドと一緒にライブを準備していて、「U-KISS」のライブとは違う雰囲気、違う魅力を見せられるんで、すごく楽しみですね。ちょうど昨日、初めてバンドさんとリハをやったんですけど、本当に人生で一番楽しい時間になったんじゃないか、というぐらいすごく楽しくて、早くライブをやりたいという気持ちになりました。そして、曲的にも「KISSme」の皆さんと、「U-KISS」の思い出がある曲も新しいカタチで届けられると思うので、それも注目してほしいですね。

<b>―ライブの構成もスヒョンさんが決めたんですか? </b>
ハイ。スタッフさんとも相談しましたけど、スヒョンの意見が大きく反映されています。そして、スヒョンとジュンのコラボも期待してほしいです! ホント早くやりたいですね〜。生バンドとやるのは、すごくいいですよ。楽器の音がダイレクトに耳に入ってくると、楽しい曲ではもっとテンションが上がるし、バラードを歌うときは、ピアノの音が本当に大事だなと思うし。こういう経験はすごく新鮮ですね。

<b>―ライブではパフォーマンスもそうですが、MCも1人。メンバーがいないから、自分の話をたくさんできますね。</b>
MCトーク…、面白いかな!? まだいまは、曲のことで頭がいっぱいだから、トークのことまで考えていないですけど、いつものスヒョンをそのまま見せたら、ファンの皆さんは喜んでくれるんじゃないかなと思います。

<b>―「U-KISS」のメンバーの皆さんは、今回のスヒョンさんのソロ活動について、何か言っていましたか? </b>
メンバーはすごく仲が良くて、誰が何をやっても、すごく応援してくれるんですね。だから、今回のソロライブもメンバーが見に来てくれるかもしれない。メンバーみんな、本当に応援してくれていて、「レコーディング終わった? 」「早く聴きたいな」とか、聴いたら「すごくいい曲だね」とか。PVの完パケが事務所に届いたときも、僕がまだ見ていないのに、フンが先に事務所で見たらしくて「今回のPV、いいんじゃない? いい感じだよ」って(笑)。スヒョンのこと、すごく気にかけてくれていて、うれしかったです。

<b>―そしたら、ファンの皆さんも気になっていると思うので、メンバーの近況を教えてください。</b>
まず「U-KISS」としては、韓国でのカムバックを準備しています。レコーディングもたくさんしているし、これからスタッフさんとメンバーで、曲を選んでいく作業に入っていくと思います。キソプは作詞作曲、あとは痛めた腰の治療をしています。フンはドラマでめちゃくちゃ忙しいし、イライは最近バラエティ番組で人気が上がって、忙しいです。ケビンは何してるかな? あっ、ケビンの話はいらないね(笑)。ハイ。

<b>―ケビンさんも日本でミュージカルに出演したり、ソロで再スタートを切りましたよね。</b>
そうですね。ケビンとは、いまでも連絡を取り合っています。だから、ケビンとのコラボも期待しているし、いつか絶対、一緒に活動できると思っています。いまはファンの皆さんも僕らもちょっと大変だけど、ケビンとまた一緒にステージに立てる日を楽しみしているから、そのためにも、スヒョンが頑張ります! 

<b>―そして、ジュンさんは? </b>
ジュンは…、あっ、いまはちゃんと運動しています。前はまったく筋トレをしていなかったんですけど、きのう家で1人、運動していて、腕の筋肉を見たら、すごくて! “うわ〜、こいつカッコいいな”って(笑)。もちろん、歌の練習も毎日しています。最近はスヒョンと一緒に練習することも多くて。

<b>―ということは、最近スヒョンさんはジュンさんと過ごす時間が一番長いということですね。</b>
面倒くさいです(笑)。「ヒョン(兄貴)、これ教えてください」「どんな雰囲気で歌ったらいいですか? 」とか聞いてきて。

<b>―スヒョンさんに懐いているって感じで、可愛いじゃないですか。</b>
可愛いです(笑)。ジュンは本当に頑張っていますね。

<b>―スヒョンさんが感じるジュンさんの変化を挙げるとすると? </b>
考え方が大人になったと思います。練習もマジメだし。でも、それって、スヒョンの前だから、そうなのかな? 

<b>―以前は、スヒョンさんがジュンさんを叱ったりすることもあったんですよね? </b>
僕すごく厳しいから。いまも厳しいけど(笑)。でも、最近はそんなに怒ることもないです。ジュンがちゃんとやっているから。

<b>―スヒョンさんとジュンさんというと、「つけめんTETSU」とのコラボもされていますが、スヒョンさんにとって、夏を乗り切るためのスタミナ食というと何ですか? </b>
僕最近までダイエットをしていて、1日1食だったんです。去年の冬、いっぱい食べて飲んでいたら、すごく太ってしまって。ある日、朝お風呂に入ってから、自分の姿を鏡で見たとき、これはダメだなと思って、ダイエットを始めたんです。おかげで、ちょっと痩せて、最近周りの皆さんが「スヒョン、カッコいいね」って。ハハハ。それで、また少しずつ食べ始めたんですけど、免疫力を上げるために、ビタミンはちゃんと摂るようにしていますね。ファンの皆さんも、ビタミンのサプリとかをプレゼントしてくださるんで、欠かさず飲んでいます。あとは、食べたいもので言うと、肉ですね。最近まで豆腐と野菜ばかり、しかも味付けをしないで、そのまま食べていて、韓国でも肉はぜんぜん食べていないから、そろそろ肉が食べたいです! (笑)

<b>―では最後に、ソロ活動が本格的に始まるので、ファンにメッセージをお願いします。</b>
今回お互いに大変なこともあって、気持ち的にも同じだと思うんですが、スヒョンの爽やかな曲で、皆さんに力をあげたいと思います。そして、今回は「U-KISS」の一番上のお兄さんと末っ子のコラボも期待してほしいです。それから、「U-KISS」としての曲も、早く準備して見せたいんで、たくさんの応援をよろしくお願いします! ファンの皆さん、いつもお元気で! 


 まずはソロ活動に全力投球し、「U-KISS」として韓国でカムバックした後は、「もちろん日本での活動もあります! 」と精力的に活動していくことをほのめかしたスヒョン。

 インタビュー後の写真撮影では、スヒョンの脚の細さが目に留まり、周りのスタッフから「もともと美脚なんですけど、ダイエットでスリムになって、さらに脚がキレイになりましたよね〜」とため息がもれるほどだった。
そんなスヒョンの2ndシングル「I‘ll be there」は強力なサポーター、ジュンを迎え、スヒョンの“本気”、そして“成長”が感じられる渾身の一作となっている。