元恋人にけがを負わせ、脅迫した韓国人ラッパーのIronが、裁判所より懲役8か月、執行猶予2年の判決を言い渡された。その後、Ironは直筆形式でファンへ謝罪の言葉を伝えた。

 Ironは20日、自身のSNSを通して「芳しくないニュースで、これまで信じてくれていたファンの心を傷つけてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 以下、全文。

こんにちは。チョン・ホンチョルです。
まず、僕の周りの方々、僕を信じて応援してくれる全ての方々へ心より謝罪したく、このように手紙でお伝えします。

これまで連続した芳しくないニュースにより、僕を信じてくれた多くの方々の心を傷つけてしまいました。

少し前まで、僕は悟ることさえできませんでした。

あれこれと計算するよりは、まず心の赴くままに行動し、どんなことが起きても後悔なく堂々とすることを、僕はかっこいいことだと考えていました。

しかし、ある日振り返ってみると、僕が起こした全ての責任は僕ではなく、周りの人たち、僕を信じてくれる人たちが代わりに担っていました。

僕という人を信じて、応援してくれるという理由だけで心に荷物を背負い、そして僕のせいで傷つき、僕の音楽を好きでいてくれる皆さんの過去までを紙きれにしてしまいました。

これまでプライドだけを積み重ねて、男らしいふりをして幼い子供ように偽っていた僕自身が、あまりに情けなく、恥ずかしいことだと感じています。

これまで事件を起こすたびに、皆さんに謝罪の気持ちを伝えるべきかと悩んでいましたが、形式的に皆さんに近づくようなことは、すべきではないと考えて、申し訳ないという言葉さえ一度も伝えることができませんでした。

このような事件自体、僕自身に起きたということが自分自身の至らない点からきた結果です。僕を信じて応援してくれた全ての方々、また僕のせいで傷ついた方々へ改めて、心から謝罪の言葉を伝えたく、足りない点はあったとしても、このように文章をお伝えします。

現在の位置を悟り、反省し、きちんとした姿で恥ずかしくなく生きていきます。

これまで傷つけてしまった点、本当に心からお詫び申し上げます。