7月19日、日本デビューを果たした7人組アイドルグループ「ROMEO」が、デビュー日となる19日(水)、東京・ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場にて、デビューシングル「WITHOUT U」リリース 緊急公開会見をおこなった。

 2015年に、当時韓国最年少アイドルグループとしてデビューを果たした「ROMEO」。今年3月に韓国で発表した「WITHOUT U」では、韓国トッププロデューサー「勇敢な兄弟」のプロデュースによる楽曲ということでも大きな話題となった。4月からは日本でショーケースツアーを開催するなど、日本進出に向け本格的な活動を開始した彼らは、今後の活躍が期待されている。

 暑い中集まったファンたちの前に、メンバーたちが姿を現わすと、「みなさんの First Love! こんにちは〜『ROMEO』です! 」とそろってあいさつ。

 「こんにちは、僕は『ROMEO』のリーダー、スンファンです! よろしくお願いします」、「こんにちは、『ROMEO』の末っ子、カンミンです。よろしくお願いします」、「こんにちは、会いたかったです! 僕はユンソンです。よろしくお願いします」、「こんにちは。本当に暑いです! ミンソンです。よろしくお願いします」、「こんにちは! 僕は『ROMEO』のマイロです。よろしくお願いします! 」、「こんにちは、僕はカイロです。よろしくお願いします」、「こんにちは、『ROMEO』のヒョンギョンです。よろしくお願いします」と1人ずつ自己紹介し、早速質疑応答へ。


<B>―本日デビューとなりますが、デビューした気持ちはいかがですか? </b>
スンファン:本当に心がドキドキでした。でも今はちょっと…気分がちょっとおかしい(不思議な気分)です。日本デビューは初めてだから。
ヒョンギョン:韓国でデビューした時の気持ちが蘇ります。新しい気持ちで、また新たに頑張っていきたいなと思います。

<B>―日本デビュー曲「WITHOUT U」の魅力はどんなところですか? </b>
マイロ: 「WITHOUT U」はメロディーが本当にやさしいから、一緒に歌いやすい曲です。そしてダンスは中毒性があります。

<B>―日本語でレコーディングをしてみて大変だったことは? </b>
カンミン:韓国の歌詞とは言葉の数が違うので、そこを合わせるのが大変でした。
マイロ:発音がちょっと難しかった。続けての”つ”が。
スンファン:韓国では”つ”の発音がないから、レコーディングする時ちょっと難しかったです。

<B>―自分をどうぶつに例えると何ですか? </b>
ヒョンギョン:僕はキリンです。首が長いので。
カイロ:僕は犬です。(チワワ、ポメラニアン)
マイロ:僕は柴犬! 
ミンソン:僕は食べるのが好きなので豚です(笑)。今日の朝も、寿司とチキンを食べてきたので豚だと思います。
ユンソン:僕はうさぎ顔だから、うさぎ! (と言い、うさぎの顔マネを披露)
カンミン:僕は自分ではそう思わないけど、兄さんたちがアルパカに似てると言ってきます。
スンファン:僕も豚です。僕も食べるのが超好きだから。

<B>―もし自分が女性だったら、メンバーの誰を彼氏にしたい? </b>
スンファン:おぉ…
メンバー:いますか? (笑)
スンファン:僕は毎日違いますけど、今日は…マイロ! 僕が柴犬好きだから! 
カンミン:昨日のスンファンさんが寝る時、僕も一緒に寝たんですけど? 僕はスンファンさんではないです(笑)僕はカイル。僕に良くしてくれるから。
ユンソン:僕はミンソン。
ミンソン:僕はユンソンさんです。
マイロ:僕は元々ユンソンさんなんだけど、今日はスンファンさんです! 
カイル:私はカンミンさん! 
ヒョンギョン:僕はユンソンです。


 日本語を使いながら丁寧に質問に答えていくメンバーたち。
続いて日本デビュー曲「WITHOUT U」で、さわやかで歌声とそろったダンスを披露した。そしてフォトタイムでは、ハートポーズやセクシーなポーズをとってみせファンを喜ばせた。さらに、「SHINee」のミンホがミュージックビデオに出演したことでも知られる「MIRO」、FOD(フジテレビオンデマンド)のオリジナルオムニバスショートドラマ「スマドラ」の「恋の503」の挿入歌である「SO INTO YOU」も披露。

 最後にスンファンは「今日僕たちデビューしましたが、たくさん来てくださって本当にありがとうございます。いつも良い姿をお見せします。応援してください! ありがとうございます」とコメントし、「『ROMEO』でした! ありがとうございます」と笑顔で手を振りステージを後にした。

 これからの日本活動では、どんな新しい姿を見せてくれるのか期待したい。