「応答せよ1988」で“国民の弟”として演技力はもちろん、歌の実力まで発揮し印象的な活躍を見せた俳優チェ・ソンウォン(32)がZEN STARSと専属契約を結んだ。これにより彼は、俳優人生での再跳躍を目指すことになる。

 ZEN STARSの関係者は「チェ・ソンウォンは演技以外にも多才多能な能力を見せており、以前から注目する俳優だった。今回の機会で一緒に仕事をすることになり、うれしい」と心境を伝えた。続けて「急性白血病で活動を中断していたが、昨年12月に完治診断を受けた。最善を尽くし、彼の活動を支援する。多くの応援と激励をお願いする」と述べた。

 チェ・ソンウォンは2007年、ミュージカル「キム・ジョンウク探し」を皮切りに多くの作品に出演し、演技、歌、ダンスで頭角をあらわした。その後、KBSドラマ「すばらしき我が青春の日々」や「風は願うところに吹く」、映画「探偵なふたり」、「アシュラ」、「プリズン」など多方面で活発に活動を続けてきた。

 特にドラマ「応答せよ1988」は本格的に彼の名を広める契機となった。劇中、ヘリ(23、Girl’s Day)の弟ソン・ノウル役を担い、“国民の弟”として視聴者に愛された。

 また、健康を取り戻してからは今年2月、大明文化工場開館3周年記念新規コンテンツ開発支援プロジェクト「2017公演、会う“同行”」のうち、演劇「ナミよ、雑貨店の奇跡」で復帰、9か月の空白を感じさせない演技力で観客の心を引き付けた。

 一方、チェ・ソンウォンは来年公開する「探偵なふたり」の続編「探偵2」(仮題)に出演する予定だ。