韓国の女性タレント、キム・ジョンミン(28)はベテランたちも認める芸能人だった。女性芸能人のし烈な競争の中で、先輩たちとの呼吸も合い、光を浴びていた彼女が相次いで番組を暫定降板している。果たしてキム・ジョンミンに何が起こっているのか。

 キム・ジョンミンは最近、あるコーヒーフランチャイズの代表Aと法的攻防を展開する20代女優として浮上していた。そんな中、彼女は21日午後、自身のSNSを通して、最近起こった法的攻防に関連した心境を告白した。

以下、キム・ジョンミンのSNS全文。

キム・ジョンミンです。
あいさつする前にこの文章を先にお見せします。
先日、フランスで勉強するファンから届いた手紙です。
本人の承諾もなしに全文を公開し、ファンの方には申し訳ありません。

−ジョンミンさん、こんにちは。私はパリ=ソルボンヌ大学で法学を専攻するキム##と申します。私は人権について勉強中です。このメッセージは読んでいただかなくても大丈夫です。ただ、遠くからジョンミンさんを見ながら、人生に情熱的で一生懸命な態度と生き方に、以前から人間的に好感を抱いていました。
最近、ジョンミンさんに(人々から)投げかけられる言葉を見ると、学校で習った典型的なスラット・シェイミング(slut shaming)でした。被害者に烙印を押して評判を落とし、人格を傷つける性犯罪の一つです。
もしかしたら、ジョンミンさんがこうした発言に傷つき、自らを叱責しているのではないかと思い心配で心がとても痛いです。過ちを犯しているのはその人たち(SNS等で悪口を言っている人たち)であり、ジョンミンさんではありません。ですので、自らを責めたり、自身が間違っていると思わないでください。−

このメッセージを読んでしばらく泣きました。そして、勇気を出してこうして文章を掲載しています。
そうです。私は被害者だったのに、言葉にもならないイメージの烙印を押されてしまいました。しかし、見方を変えれば、この烙印は隠れて解決しようとしていた私の誤った方法によるものだったのかもしれません。常に脅迫が恐ろしくて恐ろしくて、うごめいていた私の勇気のない行動のせいでした。

私は2013年、共演していた親しいオッパ(年上の男性)の紹介であの方(A)と出会いました。
とても愛していて、愛しているという言葉を信じていました。
私は不遇だった幼少期の記憶のために、常に温かく理解する気持ちが強く私だけを愛する、そんな人を望んでいました。よく番組で年の差のある方と結婚したいと語ったのも、そんな理由からでした。

こうして結婚を前提に出会ったある日から、その方は多くのうそと女性問題があり、結婚する相手ではないと判断した時から脅迫や暴言が始まりました。
「メディアに美人局(つつもたせ)と広め、番組の仕事をできなくしてやる」
「君の知らない映像がある」
「お姉さんにもすべて話した。君は終わった」

初めに別れを告げてから2年間も(そういう言葉を)聞かなければならず、一人耐えなければならず、恐ろしかったです。
いつかは心を入れ替えてくれると願い、あと1か月だけ、3か月だけという言葉を聞き入れても私の気持ちは解かれなかったという感覚でした。

そんな時、初めて周囲に知られ、世に広まるかもしれないと思い勇気を出せませんでした。
しかし、どんな目的でもない私が生きるために、法の支援なしに私は抜け出すことはできないという気持ちで決心しました。
これまでのすべての問題の証拠を集めて検察に提出し、その方は在宅起訴されました。

もう抜け出せたと思ったきょう、この日までもその方はうその内容をメディアに伝え、また別の暴力を行使しています。
もちろん、その暴力による被害にも遭っています。
レギュラー番組を暫定中断しました。また、出演予定だった番組もすべて白紙になりました。
苦痛を強いられた時間の中でも楽しく臨めた私の仕事でした。
私はやっと被害者と認められ、法の前に彼を突き出す状況で、被害者でありながら仕事すらできなくなりました。

お金ですか? 
私が受け取ったと主張するあのお金こそが、その方がこの事件で起訴され法の審判を受ける明白な理由です。
引越し費用がいくらで、旅行費がいくらだったか。
その方がうそのインタビューをしている間、そのすべてを堂々と証明しておきました。法廷に追加で提出しました。

ここで、この文章で、すべてを説明することはできません。後に私の弁護士から詳細に発表いたします。数日後には法廷ですべてが明らかとなるでしょう。

私が勇気を出して告訴し対抗する際、多くの方が私に勇気をくださいました。
最も近くで、毎日泣きながら力をくれた実の姉のようなオンニ(年上の女性)は私の代わりに大きく傷つき、私が出演した番組は物議に巻き込まれました。
そのすべてを心より謝罪いたします。

私はキム・ジョンミンです。問題ばかり起こし何が何かも分からない、あのキム・ジョンミンです。いままでもこうして始まり、またこうしてスタートを切ろうと思います。
皆さんが力になって私を最後まで信じてくださることを願います。
愛しています。