胃がん闘病の末にこの世を去った女優ユ・チェヨン(享年41歳)が3回忌を迎えた。

 7月24日は、故ユ・チェヨンの3回忌。ユ・チェヨンは去る2013年10月、健康診断で胃がん末期の診断を受け、手術を受けたが転移が見つかり、好転することはなかった。以降、治療を受けながら芸能活動を続けていたが、去る2014年7月24日、41歳という若さでこの世を去った。

 ユ・チェヨンは去る1994「COOL」のメンバーとして本格的な活動をスタートさせた。当時、個性あふれる衣装で注目された。以降、1995年に「COOL」を脱退した後、「Us」での活動を経て、1999年にはソロ歌手に転向した。

 特に、2002年からは映画を通して女優として活躍するようになったユ・チェヨン。SBS「ファッション王」、KBS2「天命:朝鮮版 逃亡者物語」など数々のドラマにも出演。2008年には10年来の友人で恋人に発展した1歳年下の実業家と結婚を発表し、プライベートでも幸せを手にしていた。