※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 24日に放送されたMBCドラマ「王は愛する」5話では、ワン・リン(ホン・ジョンヒョン)がワン・ウォン(イム・シワン(ZE:A))の命令でウン・サン(ユナ(少女時代))の後をつける様子が描かれた。

 ワン・ウォンは、ウン・サンに「君に私を殺す権限を与える」と致命的な告白をしたが、すぐに無視された。ワン・ウォンはそんなウン・サンに気分を悪くしながらも妙な好奇心を抱き始めた。

 ワン・ウォンはウン・サンにもう一度会わなきゃと決め、ワン・リンは代わりに彼女の後をつけてみると言った。するとワン・ウォンは、ワン・リンをけん制しながら「あまり近づきすぎず、声もたくさんかけるな」と言った。

 その後、ワン・リンはワン・ウォンの命令に従ってウン・サンを尾行し始めた。そしてウン・サンが危機に直面した時に助けた。