韓国MBCの新ドラマ「病院船」 が、慶尚南道(キョンサンナムド)巨済(コジェ) 市猪仇(チョグ) 港で主なキャストや制作陣、そして制作に協力した巨済市と、劇中“病院船”として登場する船を支援したメムルト 海運(株) の関係者が集まった中で本格的な撮影開始を前に無事故と成功を祈願する告祀(コサ)をおこなった。

 ドラマ「病院船」は、船に乗って医療活動をする、それぞれ異なる事情を抱えた医師たちが、医療インフラが不足している島の人々とコミュニケーションを取りながら、心を癒す真の医師へと成長していく姿を描いたドラマで、撮影のほとんどが巨済島(コジェド) を背景に行われる予定。そのため、この日の告祀もドラマの中で「病院船」として使われる船がとまっている猪仇港でおこなわれた

 21日午前、猪仇の町で行われた告祀は、直前まで濃霧で一寸先も見えず、定期旅客船が出港できないほどだったが、告祀の時間が近づくにつれて、温かい日差しとともに霧が晴れ、美しい猪仇港が目の前に広がってまるで「病院船」チームに幸先の良いスタートを知らせるようだったという。

 演出を担当するパク・ジェボムPDは「『病院船』がついに出発することになった。みんな元気で幸せに終えられることを願っている」とし、制作を担当したFANエンターテインメントのキム・ヒヨル副社長は「無事で安全な撮影とスタッフの健康、そして作品の成功を祈願する」と伝えた。

 制作を支援した巨済市のソ・イルジュン副市長は「巨済にいらしてくださり、歓迎している。『病院船』が韓国を代表するドラマになれるよう、全力を尽くして支援する」とし「病院船」チームに歓迎の気持ちを伝えた。

 最年少の外科課長を目の前にした状況で、紆余曲折を経て病院船に合流する実力派外科医ソン・ウンジェ役のハ・ジウォンは「美しい巨済で『病院船』の大切な縁が集まり、出港することになった。ワクワクもするし、緊張もしている。温かいドラマですべての方々に愛されるように、全力を尽くすつもりだ」と主演としての責任感と覚悟を見せた。

 温かく人間的な「病院船」の内科医クァク・ヒョン役のカン・ミンヒョク(CNBLUE)は「一生懸命に、そして元気で撮影したい」と意気込みを語った。

 また「病院船」の船長&事務長コンビで、現場のムードメーカーとなっているパン・ソンウ役のイ・ハヌィ、チュ・ウォンゴン役のキム・グァンギュも「最善を尽くす」と気合を入れ、巨済現地での撮影はない外科課長キム・ドフン役のチョン・ノミンも告祀に参加し、「病院船」のチームワークを見せた。

 本格的な巨済での撮影に入った「病院船」は、「死んでこそ生きる男」の後番組として韓国で8月から放送開始する予定。