韓国歌手シャノン(19)が3年ぶりにミニアルバムを引っさげカムバックし、「f(x)」エンバ(24)のフィーチャリングに感謝の意を表した。

 歌手シャノンは27日午後、ソウル・Vホールにてミニアルバム「HELLO」のショーケースを開催した。

 シャノンは楽曲「Love Don’t Hurt」にエンバが参加したことについて「エンバとは家族のような間柄だ。一緒にフィーチャリングする話をした。一緒に歌いたくて、ほぼ強制だ。おかげで、良い曲ができた」と紹介した。

 この日、シャノンは「ドキドキする。久しぶりのカムバックだから一生懸命に準備したが、ワクワクするし、緊張もしている。よく眠れなかった」と心境を述べた。

 「HELLO」は別れに関するさまざまな感情を込めた楽曲で構成された。タイトル曲「HELLO」はライアン・ジョンと制作した楽曲で、R&Bとソウルジャンルを基盤としたダンス曲だ。

 シャノンは来る28日に音源を公開し、KBS2TV「ミュージックバンク」でカムバックステージに立つ。