YGファミリーが総出動する新リアルバラエティーが誕生する。

 YGエンターテインメントは29日午前11時に公式ブログ(http:// www.-yg-life.com)で新リアルバラエティーシットコムのローンチを予告する「YG電子企画会議」というタイトルのティーザー映像を公開した。

 「YG電子」は、「YG戦略資料室」の略「戦資」と同じ発音の「電子」とかけたもので、YG内部で実際に起きることを脚色して作るリアルシットコムだ。

 「YG電子」の演出は、Mnet「音楽の神」シリーズ、「UVシンドローム」シリーズ、「放送の敵」などで非主流な感性とB級ユーモアで視聴者に大きな笑いを届けたパク・ジュンスPDが担当する。YGがことし初めにパク・ジュンスPDを迎え入れてから第1号となる作品で、大きな関心が注がれている。世間の熱い期待にふさわしくYGは所属アーティストを総動員する。

 公開された予告映像には、YGのヤン・ヒョンソク代表を始め、「BIGBANG」V.Iや元「2NE1」のCL、「WINNER」、「iKON」、「楽童ミュージシャン」、「Sechs Kies」、「BLACKPINK」、ユ・ビョンジェ、ONEといったYGアーティストが一挙に登場して注目を集めている。

 また“ディス”の大将であるヤン・ヒョンソク代表、会長の犬の面倒を見るユ・ビョンジェ、第2のヤン・ヒョンソクを夢見るV.I、内部告発者イ・ジェジンの他、モザイク処理された実際のYGスタッフまで登場し、特色のあるキャラクター設定が期待を高めている。

 アーティストらの企画会議やインタビューシーンでは「北朝鮮と同じでしょ」、「人がちょっとおかしくなっているようだ」とヤン・ヒョンソク代表と事務所をセルフディスする様子も笑いを誘っている。

 リアルシットコム「YG電子」予告編の最後には、放送時期:11月予定“会長の考え、放送チャンネル:まだ決定していない、と表記され爆笑させる。YG関係者は「現在、多くの企画会議を経て早ければ9月から撮影できる予定で、放送時期やチャンネルはまだ決定していない」と伝えた。

 YG所属の芸能人が”ヤバイコード“のシットコム第一人者で「音楽の神」を演出したパク・ジュンスPDと出会い、果たしてどのようなシナジー効果と笑いを作ってくれるのか期待が集まっている。