韓国女優スヨン(27、少女時代)がウェブドラマ「知るかもしれない人」で死んだ恋人を懐かしむキャラクターを演じた心境を明かした。

 スヨンは31日午後、ソウル・上岩洞(サンアムドン)JTBCでおこなわれたウェブドラマ「知るかもしれない人」の制作発表会で、「イアンとジニョンは8年間交際した関係だ。わたしも長い期間、公開恋愛しているため、感情上、想像していたと思う」と述べた。

 続けて「この作品を撮影しながら、大変な思いをした。(俳優)シム・ヒソプ(31)をジニョン(役名)として見つめ、気持ちが入りすぎていたためか、ある時は顔を見ただけで涙が出た」と伝えた。

 一方、ウェブドラマ「知るかもしれない人」は、JTBCの連作ドラマの第1作目で、昔の恋人が残したスマートフォンのパスワードを解き、消し去ろうとした恋愛の記憶も一緒にひも解いていくロマンティックスリラーだ。本日(31日)公開となる。