韓国アイドルグループ「MBLAQ」の元メンバーで俳優のイ・ジュン(29)が、自ら軍入隊の事実を発表した。異例とも言える”方法”に世間の関心が集中している。

 イ・ジュンは1日、自身のSNSに「元気に行ってきます」という短いコメントと共に、「召集事実確認書」の写真を掲載した。この写真には、イ・ジュンが来る10月24日、8師団に現役で召集予定という内容が記載されている。
 
 このような写真を通した直接的な発表は、男性芸能人に提起されている軍入隊と関連した世間の推測に線を引くものとなった。さらに、出演中の週末ドラマ「お父さんが変」で人気が上昇している中で、軍入隊への確実な意思を見せた点に置いても、ネットユーザーから拍手が送られている。「かっこいい」、「好感も上昇」、「男らしい」などと称賛の声が相次いでいる。

 このような大衆の反応には、これまで複数の男性芸能人らと関連した軍イシューが巻き起こっていたことへの反発心も含まれているようだ。相変わらず、男性芸能人にとって軍入隊問題は秘密めいていること、知られてはいけないこと、出来る限り知られないように進行すること、などの印象が強い。しかし、イ・ジュンはこのような流れを自ら絶ち切るような姿をみせ、大衆はこの試みを新鮮に感じている。