韓国新人アイドルグループ「ONF」がデビューアルバムを発表し、「平均6年間の練習期間を経たメンバーで構成された」と紹介した。

 「ONF」は2日午前、ソウル・YES24ライブホールにて初のミニアルバム「ON/OFF」の発売記念ショーケースを開催した。

 メンバーらは「僕たちは平均6年間、練習生として生活した。未来に対して不安を抱えていた時期もあったが、メンバー同士で支え合いながらやって来た。デビューできて、本当にうれしく幸せ」と語った。

 また、日本人メンバーのU(ユー)は「本当に不思議な感覚。韓国で練習生として過ごし、日本に帰ったこともあったが、諦めることなく続けた結果、きょうデビューすることができた」と笑顔をみせた。

 続けて、メンバーらは「僕たちはON(オン)とOFF(オフ)チームに分かれている。オンのリーダーはヒョジン、オフのリーダーはJ-US(ジェイアス)」とし、「オンチームは明るい雰囲気で、感情的なボーカルが強み。オフチームはカリスマと強烈なダンスパフォーマンスを可能としている」とチームを説明した。

 なお、タイトル曲「ON/OFF」は、Chill out houseジャンルを基盤に、既存のK-popシーンでは珍しいスタイルの曲で、メンバーそれぞれの個性とボーカルが特徴的な楽曲だ。