※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 2日に放送されたMBCドラマ「死んでこそ生きる男」9話では、イ・ジヨンB(イ・ソヨン)がサイド・ファハド・アリ伯爵(チェ・ミンス)の急な訪問にホリム(シン・ソンロク)を呼び出す様子が描かれた。

 アリ伯爵は急に娘の家を見たいと言い、ジヨンBは急いで家の中を整理した。アリ伯爵は家の隅々を見て回り、ホリムは妻のジヨンA(カン・イェウォン)に嘘をついてジヨンBの家に向かった。

 ホリムとジヨンBは、アリ伯爵の前で夫婦のふりを続けた。ジヨンBは父親のために食事を準備し、ホリムは緊張する中で演技を続けた。アリ伯爵の秘書であるアブダラ・モハメッド・ワルリワルラ(チョ・テグァン)がジヨンAがホリムを捜しに来られないようにしながら緊張が高まっていた。