韓国新人ボーイズグループ「Wanna One」メンバーの11人が登場するリアルバラエティー番組「Wanna One Go」がついに放送を開始した。

 3日に放送開始したMnetのリアルバラエティー番組「Wanna One Go」で、「Wanna One」の合宿所が公開された。メンバーはまずルームメイトを決めた。パク・ウジン、ライグァンリン、ファン・ミンヒョン、キム・ジェファン、パク・ジフンが大部屋を使い、ユン・ジソン、オン・ソンウ、カン・ダニエルの3人と、ペ・ジニョン、ハ・ソンウン、イ・デフィの3人が2つの小部屋に分かれた。

 ワクワクしながら眠りについたメンバーは、翌朝から奇襲ミッションを受けた。ファンが決めた相手と一日中ひもで縛られて1m以上離れられないというものだった。相手に腹を立てたら20cmずつひもが短くなるという過酷な罰もあった。

 キム・ジェファンはファン・ミンヒョンと組になり、チーム名を「愛してるチーム」とした。イ・デフィはお望みのペ・ジニョンと「頭が小さいチーム」を組み、カン・ダニエルとオン・ソンウは「オンニェルズ・サイエンス」、パク・ジフンはライグァンリンと「ラジチーム」、パク・ウジンとユン・ジソン、ハ・ソンウンは「おバカズ」というチーム名にした。

 ひもで縛られた各チームは、最後の休暇がプレゼントされた。イ・デフィ&ペ・ジニョンはおそろいの服まで着て、江南(カンナム)駅のゲームセンターでゲームを楽しんだ。カン・ダニエル&オン・ソンウは、ドライブをしながらおいしいお店を回った。ドライバー・オンのリードで加平(カピョン)にあるカフェに向かった。

 「おバカズ」の3人は、ハ・ソンウンの祖父の畑で豆とりを手伝った。最後の休暇を労働で過ごすことになり、少しずつイライラしだして、ハ・ソンウンが大きな声を出したためにひもが20cm縮まった。パク・ジフン&ライグァンリンは、軍部隊の前に到着した。

 ファン・ミンヒョン&キム・ジェファンは唯一、合宿所で掃除を楽しんだ。そんな2人のために「プロデュース101」シーズン2に出演していた仲間たちがサプライズ訪問した。ユ・ソンホをはじめ練習生たちが続々登場した。

 また番組の最後には、「Wanna One」の最初のタイトル曲「ENERGETIC」が公開され、ファンの注目を集めた。