元恋人だった有名コーヒーショップ代表と法廷闘争中の女優キム・ジョンミンが、SNSで現在の心境を明かした。

 キム・ジョンミンは4日未明、自身のInstagramに「今朝、久しぶりに山へ行きました。すぐにでも登れる場所に、少しずつ少しずつ登っていくと、とても気持ちがよかったです」と文章を記載。

 続けて「写真を撮っていたら、後ろから若い男性が一人で登って来るのが見えて、顔を伏せて見えないふりをしていたのですが、私の隣のベンチに座りました。その瞬間、胸がドキっとしました。この人は、私に誹謗中傷する一人かもしれない、今でも私に対して誤解して、嫌いに思っているかもしれないという思い。私も知らないうちに、そのような考えばかり浮かんでいたのです」と吐露した。

 「だからと言って、逃げて行くことも何かを言うこともできずに悩み、素早くあいさつだけして(山を)下って行こうと思い『こんにちは』と言って通り過ぎようとすると、その男性は『頑張ってください! 』という一言を残し、その言葉にまたドキっとしました。突然、崩れていくような気分でした」と明かしたキム・ジョンミン。「頑張れという一言が、こんなにも胸に響いて、痛く感じたことがなかったのです」と告白した。

 最後に、キム・ジョンミンは「本当に感謝し、少しでも疑心を抱いた私が恥ずかしくて、申し訳なくて、その方にお伝えしたいです」とし、「そして、この時間にも、あの方のように私を心から応援して信じてくださる方々へ感謝の気持ちを伝えたく、久しぶりに文章を掲載しました。本当にとても。とても、とても。愛しています」と文章を締めくくった。

 一方、キム・ジョンミンは交際していた有名コーヒーショップ代表と法廷での争いを繰り広げている。