韓国の女性タレント、キム・ウォニ(45)が女性MCにチャンスを与えない放送界の現実をついた。

 4日午後、キム・ウォニは自身のSNSにSBS「スター夫婦ショーあなた」とTV朝鮮「暮らし9段のよろず屋」を進行して受けた愛に感謝し、女性MCとしての思いを明かす文章を掲載した。

 キム・ウォニは「わたしは番組の福がとても多いようだ」とし、「『スター夫婦ショーあなた』に始まった『百年の客』は8年をはるかに超え、『暮らし9段のよろず屋』はもう4年が過ぎた。司会として一つの番組を長く務められるのは特別な祝福のようだ」と説明した。

 また、「2番組は先日、200回を迎えた。感慨深い」とし、「中年の女性芸能人として、能力に比べ過大評価を受けることにも感謝し、活動できることにも一層感謝し、気立てが悪いわたしの性格にも、支援し共に歩んでくださる制作スタッフと優しい方がとても多いということに、新たに感謝の気持ちが溢れる」と伝えた。

 キム・ウォニは「正直、最近、女性MCは多様な活動をするチャンスがとても少ない。これはとてもとても大きな問題だと考えるが、状況が変わらなければわたしが変化しなければならない」とつねり、「さらに男性的になるつもりだ」とジョークを付け加えた。

 また、「冒険を嫌う性格だが、自己啓発と変化に敏感になるべきということを新たに感じて、そろそろ変身を試みようと思う。より多くの番組に出演し、多様に活動する計画」として、演技、MCなど多方面での活動を予告した。