韓国アイドルグループ「Wanna One」のメンバーでMnet「プロデュース101(PRODUCE 101) シーズン2」当時、個人練習生(事務所無所属)として注目を浴びたキム・ジェファン(21)がCJ E&Mと専属契約を結んだ。

 「Wanna One」キム・ジェファンは最近、CJ E&Mと契約を締結した。個人練習生だった彼が「Wanna One」デビュー確定後に締結した初の契約だ。

 キム・ジェファンは「Wanna One」活動期間中は事務所なしで活動し、「Wanna One」の活動が終わる2018年末からCJ E&Mの所属アーティストとなる。

 これによりCJ E&Mは2018年末からキム・ジェファンの個人活動全般を管理する。CJ E&Mの体系的なシステム下で活躍を続けるキム・ジェファンに関心が集まりそうだ。

 一方、キム・ジェファンはSBS「神の声」や「プロデュース101」などを通して優れた歌唱力を誇り、国民投票で「Wanna One」に抜てきされながら7日に正式デビューを飾った。