※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 8日に放送されたMBCドラマ「王は愛する」15話では、ワン・ウォン(イム・シワン(ZE:A))がウン・サン(ユナ(少女時代))の婚礼を中断させる様子が描かれた。

 ワン・リン(ホン・ジョンヒョン)はワン・ウォンの所へ行き、兄の結婚を止めてほしいとして「私ができることはない」と言った。

 部下たちは婚姻の許可は王様がすることだとし、結婚を止めることは王様の命令に背くことだと言った。

 しかしワン・ウォンは結婚をやめさせるために、判府事の家に向かった。ワン・ウォンは「ご存知ですか? 判府事の財産を」を判府事の財産を一つ一つ挙げていった。続けて「何か脅迫でもされましたか? 」と聞いた。

 ワン・ウォンはウン・サンに「この縁談を中断させなければならない」とし、「このような者とはできるだけ離れるほうがいい」と言った。