韓国女優(故)チェ・ジンシルの娘チェ・ジュンヒさんが「祖母(チョン氏)が自身を虐待した」と告白し、波紋を広げている。これに、警察も本格的な調査に着手するとの方針を明かした中、有名タレントのイ・ヨンジャがチェ・ジュンヒさん救うために立ちあがった。

 8日夜放送の「ニュース特級」に出演したキム・デオ記者は、「(チェ・ジュンヒさんのSNS暴露に関する事実について)警察が調査中であるため、あれこれ話をすることができない」とし、「いまは判断を保留にしておくのが望ましいのではと思う」と慎重に口を開いた。

 また「ニュース特級」側は、「結局、行くことのできる場所は”ヨンジャ叔母さんの胸の中”」とし、「チェ・ジュンヒさんの保護者は、タレントのイ・ヨンジャ」と単独報道を伝えた。

 番組側は「イ・ヨンジャが昨日(7日)、健康状態などを心配してチェ・ジュンヒさんに会ったようだ。状態が良くないことがわかり病院へ入院させることにした。この過程で、(入院手続き上の)保護者として、イ・ヨンジャが引き受けた」と説明した。

 一方、これと関連してイ・ヨンジャ側は「現時点で、話せることはない」との立場を示している。