韓国タレントのイ・ヨンジャ側が、故チェ・ジンシルの娘チェ・ジュンヒさんの保護者として登録したとの報道に関して、慎重な反応をみせた。

 イ・ヨンジャ側の関係者は9日、「本人が個人的におこなったことであり、会社に共有していることはないため、話すことはない」と明かした。

 去る8日、韓国のニュース番組はチェ・ジュンヒさんが故チェ・ジンシル(チェ・ジュンヒさんの母親)と親友だったイ・ヨンジャの助けで、病院に入院したと報道した。

 これによると、イ・ヨンジャはチェ・ジュンヒさんの心理状態を心配し、祖母の同意を得て入院させ、その際に「保護者」として名前を登録したと伝えられた。