韓国映画「軍艦島」がシンガポールとマレーシアにてアジアプロモーションを開催。現地観客と出会いの場を設けた。

 映画「軍艦島」に出演した俳優ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、リュ・スンワン監督はシンガポールとマレーシアを訪れ、現地でアジアプロモーションを成功裏に終えた。

 俳優陣、監督は去る8日、シンガポールで開かれたガラプレミアに出席し、現地メディアと観客の熱い声援に応えた。試写会を前におこなわれた公式記者会見には「軍艦島」への高い関心を立証するように、現地のメディアが取材合戦を繰り広げた。続いて、Suntec city pavilionでおこなわれた観客との出会いの場では、2階と3階フロアまで埋め尽くすほどの人波が押し寄せ、出演者に熱い歓声が送られた。さらに、マリーナ・ベイに位置するSands Theaterでおこなわれたガラプレミアでは1600席がすべて埋まり、「軍艦島」に対する期待を立証した。
 
 9日にはマレーシアのPavilion Kuala Lumpurでおこなわれたイベントで、2万人を超える”史上最多”の観客が集まり、爆発的な関心が寄せられた。