韓国女優コン・ヒョジン(37)が、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と撮ったツーショット写真を掲載し、話題を呼んでいる。

 コン・ヒョジンは16日、自身のInstagramを更新し、文大統領と並んで写った一枚の写真を掲載した。

 コン・ヒョジンはオム・ジウォンと共に去る15日、第22回釜山国際映画祭(BIFF)をサプライズ訪問。同様に、同映画祭を電撃訪問していた文大統領と共に自身らが出演した映画「Missing:消えた女」を観覧し、観客との対話(GV)に出席した。現職大統領が釜山映画祭に出席するのは、釜山映画祭史上はじめて。

 文大統領と観客と共に、意味深い時間を過ごしたコン・ヒョジンは自身のInstagramで感激の心境を伝えた。

 この文章でコン・ヒョジンは「楽しく、意味深い特別な週末を過ごしました。もっと頑張らないと、全てのことを」と明かした。