韓国トップスターカップル、俳優ヒョンビン(35)と女優カン・ソラ(27)が破局した。恋人関係を整理し、芸能界の先輩・後輩へと戻った。

 昨年10月に交際を認めた2人は、約1年後にそれぞれの道を歩むこととなった。双方の所属事務所が明かした破局理由は「互いの忙しいスケジュール」だった。また、「互いに応援しあい、良き先輩・後輩として過ごすことになった」と明かした。

 ヒョンビン、カン・ソラ破局の前兆は最近進行されたヒョンビンのインタビュー現場でもあらわれていた。約1か月前、ヒョンビンは映画「クン」の公開を控え、メディアとのインタビューをおこない、その際、カン・ソラに関する質問も受けた。

 「カン・ソラさんとは順調ですか」との質問にヒョンビンは「ええ…」と短く答えた。回答を避けた彼はこれ以上何も言及しなかった。続く「結婚の考えは」との質問には「まだない」と返した。

 ある映画関係者は「11月初めにヒョンビンが『クン』のプロモーションで忙しく、敢えて聞いてはいないが、そのときも2人は順調に交際していると思っていた」と打ち明けた。

 一方、ヒョンビンは映画「猖獗(チャングォル)」や「交渉」など、来年もプロモーション活動を続けていく予定で、tvN「ピョン・ヒョクの愛」を終えたカン・ソラは次期作を検討中だ。