SMエンタテインメントがローファーム(法律事務所)と手を組んで、悪質な書き込み者の根絶に乗り出す。

 SMエンタテインメント側は8日午後、「東方神起」や「少女時代」、「EXO」、「SHINee」などアーティストの公式ホームページを通じて「SMエンタテインメント所属アーティスト関連の権利侵害に対する法的対応」という内容の公示事項を掲載した。


以下、SMエンタテインメントの公式全文。

SMアーティストを愛してくださるファンのみなさんこんにちは。

SMエンタテインメントは全世界のファンのみなさんの愛と声援に支えられて、いつも感謝の気持ちで一生懸命活動しています。

そしてみんなさんが送ってくださる応援と愛だけでなく、愛情のこもった忠告や叱責なども謙虚に受け入れて、さらに発展していくことができるよう努力しています。しかし、アーティストへの関心を超えて、オンライン上でアーティスト個人に対する人格侮辱、プライバシーの侵害、個人情報流出や盗用、悪質なデマの流布などを通じた深刻な名誉毀損などの各種違法行為が広がっており、アーティストたちの精神的、物質的な被害がより深刻になっています。

私たちSMエンタテインメントは該当業務を専門担当するローファームを選任し、当社の法務チームと共に民事・刑事上の法的対応を持続的に進める予定です。公式アカウントを開設し、随時情報提供を受けて違法行為に対して断固として対応することに決定しました。

みなさんが収集した違法行為に対する事例がある場合、公式Eメールへ送ってくされば慎重に内容を検討・確認後、法的対応を進めます。ファンのみなさんの多くの関心をお願いいたします。ありがとうございます。