韓国のヒップホップデュオ「ダイナミック・デュオ」がMBC「UNDERNINETEEN」にディレクターとして参加する。

 1日、MBC「UNDERNINETEEN」側は「ボーカルチームのディレクターCrushに続き、ダイナミック・デュオがラップパートのディレクターを務めることになった」とし、「クリエイティブな10代参加者らがディレクティングを受けたいと願っていたダイナミック・デュオと共にした。ぜひ期待してほしい」と伝えた。

 続けて「UNDERNINETEEN」側は、「ダイナミック・デュオにとって19は意味深い数字だ。1999年、19歳にアンダーグラウンドヒップホップグループ(K.O.D)として活動し、本格的な音楽の航海に出発した彼らが『UNDERNINETEEN』参加者らを見ながら、その時代を思い浮かべる予定」とし、参加者らとの深いつながりも予告した。

 「ダイナミック・デュオ」に先立って、Crushがボーカルチームのディレクターで参加することを伝えた「UNDERNINETEEN」。パフォーマンスチームのディレクターへの関心も高まっている。

 「UNDERNINETEEN」はラップ、ボーカル、パフォーマンスの計3パートに分かれて、各パートの最強者を選抜し、次世代アイドルを誕生させる10代のためのオーディション番組だ。

 特に「UNDERNINETEEN」はラップ、ボーカル、パフォーマンス3つのパートのメンターを“ディレクター”と呼び、従来とは異なるオーディション番組の誕生を知らせている。

 なお、「UNDERNINETEEN」は来る11月第1週に初放送予定だ。