韓国タレントのユ・ビョンジェと、マネージャーのユ・ギュソンが2人で愛媛県松山市を旅行した。

 15日に放送されたMBCのバラエティ番組「全知的おせっかい視点」では、ユ・ビョンジェとマネージャーの日本旅行記が公開された。友情旅行で松山を訪れた彼らは、市内のホテルに宿泊し、奇妙な部屋に泊まることとなって注目を集めた。

 ホテルで、3種類のアート部屋を紹介された2人は“スケッチ部屋”を選択し、スタジオの出演者や視聴者たちはスケッチ部屋のビジュアルに衝撃を隠せなかった。

 部屋は油絵のように飾られており、まるで自分が絵の中に入っているかのような感じを醸し出していた。

 あまりに独特な雰囲気にユ・ビョンジェは「ちょっと怖い」と言いながらも、この部屋を気に入っていた様子。またマネージャーもこの部屋を気に入って満足(? )そうな様子をみせていた。