韓国歌手チェ・ジョンフン(元FTISLAND、29)の飲酒運転もみ消し疑惑に関して、さらに故意の報告漏れ疑惑が浮上した。

 25日に放送されたSBS「8ニュース」では、2016年にチェ・ジョンフンが飲酒運転容疑で摘発された際に無職だと証言したため当時の警察では、上部への報告が漏れていたと報じたが、取材の結果、一部の警察官はチェ・ジョンフンが芸能人だと知っていて黙認したと伝えた。

 チェ・ジョンフンは2016年2月、ソウル・梨泰院(イテウォン)で警察の飲酒運転取り締まりで摘発された後、現場の警察官に200万ウォン(約20万円)を渡してもみ消そうとした容疑が浮上している。刑法上賄賂供与意志の表示容疑などで今月21日に立件された。

 SBS側は「この事件は警察上部への報告はなく、外部に知らせないようにしたまま終わらせた。しかしその警察署に勤務していた警察官は、チェ・ジョンフンが芸能人であることを知っていた。取り締まり現場の警察官も調査を終えた後に知ったと証言した。警察内で故意に報告を漏らしたと疑われる状況だ」と皮肉った。

 特に事件当時、チェ・ジョンフンの車には同乗者がいたという事実が新たに分かった。同乗者は、チェ・ジョンフンが運転していた車の所有者だというのだ。SBS側は「同乗者は酒に酔って覚えていないと証言していた」と明らかにした。

 チェ・ジョンフンは16日、被疑者として警察に出頭した際に、性行為の盗撮動画の流布容疑を認めるかという質問に「申し訳ありません」と答えたが、飲酒運転に関して請託はあったかという質問にはすぐ「ありません」と断固否定。またユリホールディングスのユ・インソク代表に事件をもみ消すよう頼んだかという質問にも「違います」と否定した。