韓国アイドルグループ「ONEUS」の末っ子シオンが腕の負傷でプロテクターを着用、20日放送の「エムカウントダウン」に出演できなくなった。

 20日、メディアの取材結果、シオンは最近、練習中に腕に痛みを感じて治療を受けた。その結果、プロテクターを着用し、休息をとるよう勧められた。

 関係者は「シオンが腕の負傷により、この日の音楽番組のステージには5人のみが上がる予定で、シオンは腕の治療に集中する計画」と述べた。

 シオンが所属するグループ「ONEUS」は先月29日、ニューアルバム「RAISE US」を発売。タイトル曲「Twilight」で歴代級のパフォーマンスを披露し、活発な活動をしている。