大人気アイドルと音色の妖精がドラマ「ホテルデルーナ」のOSTのために一堂に会した。

 ドラマ「ホテルデルーナ」OSTの制作会社ニャムニャムエンターテインメント側は、本日24日の午後6時に各種音楽配信サイトを通じボーイグループ「NCT」のテヨンと女性ソロ歌手Punchが歌う「ラブデルーナ」Part.13 を電撃公開する。

「ラブデルーナ」はポップスタイルのミディアムラブソングで、Punchの歌声から始まり、美しいピアノの旋律とギターのループで続いていく楽曲だ。
 
 ここにテヨンの感覚的なラップが加わり、愛が芽生える感情をうまく表現した。

 特に「ラブデルーナ」はこれまでのOSTの中で最も明るい楽曲で、「あの星のように君のそばにいる」というリフレインの歌詞のように、いつもそばに一緒にいるという気持ちが込められている。

 韓国国内最高のOSTプロデューサー、ソン・ドンウンが参加した「ホテルデルーナ」のOSTは、毎週音源チャートの1位のバトンを受け継ぎ、敵なしのOST興行の独走を繰り広げている。

 さらにグローバルな人気を博すテヨンと発表する楽曲ごとに音源チャートに波乱をもたらしている“音源強者”Punchが出会っただけに、2人がどのようなシナジー効果を発揮するのか注目される。

 また「Done for me」で音源チャートを席巻したPunchは、プロデューサーの要請に快くOKし、もう一度「ホテルデルーナ」OSTに参加し、このOST熱風をつないでいく見通しだ。

 一方、テヨンとPunchが歌う「ホテルデルーナ」のOST「ラブデルーナ」は本日24日の午後6時に各種音源チャートを通じて公開される。