韓国アイドルグループ「JBJ」出身の歌手キム・ヨングクが、昨年物議を醸した問題、非公開設定にしたSNSなどについて謝罪した。

 キム・ヨングクは6日、SNSに長文を投稿し「私のせいで発生した過去の複数の問題について、全ての出来事は私の至らなさから生まれたものであり、私がクリアにしなければならないと考え、今でも自らの至らなさを反省している」と明かした。

 キム・ヨングクが飼っていた猫のルーシーを破棄したとの疑惑が流れたのは昨年だった。同件について「ルーシーは一度里親のもとに送ったが、その後再び自分の手元に戻したことは事実。そのときの行動について、いまでも後悔している」とした上で、謝罪。

 また、自身のSNSを非公開にしてファンに向けた”卑下発言”を繰り返したとの疑惑については「傷ついたファンの皆さんに謝罪申し上げる」と明かした。

 ただし、同件についてキム・ヨングクは「デビュー後、活動を続けながらとても幸せで、その幸せが消えるのではないかと不安になるほど多くの愛をもらった。だけど、デビュー前と比べて休みなく多忙な生活に体力的につらかったことも事実」とし、「絶対に伝えたかったことは、ファンの皆さんにお返しすることについて幻滅だと嘆いたり、活動がはやく終わればいいと思ったことはない」と解明した。

 一方、女性嫌悪発言のうわさについてキム・ヨングクは「ゲームの放送で女性嫌悪発言をしたり、ファンのことを”義理の母”と表現したとのことは事実ではない」と完全否定した。