複数の知人から金銭を借り、返済しないまま海外に逃亡した容疑で起訴された韓国人ラッパーMicrodot(本名:シン・ジェホ)の両親に対し、検察が懲役5年と3年を求刑した。

 検察は去る10日、清州(チョンジュ)地裁で開かれた結審公判で、Microdot父親に懲役5年を、母親に懲役3年をそれぞれ求刑した。

 2人は約20年前、農場を経営していた当時、親戚や知人など14人から計4億ウォン(約3600万円)を借りた後、返済せずにニュージーランドに逃亡した容疑を受けている。

 警察は2人による詐欺被害額を3億2000万ウォンと推算したが、検察による追加捜査によって被害額は4億ウォンにのぼることがわかった。

 なお、Microdotの両親に対する宣告公判は、来る10月1日に開かれる。