「MONSTA X」が20日に米国でリリースしたニューシングル「LOVE U」で、フォーブスとビルボードの熱い関心を受けた。

 最近、米国の有名な経済誌「フォーブス」と音楽専門メディア「ビルボード」は「MONSTA X」のニューシングル「LOVE U」発売と現地活動について、肯定的にとらえ、彼らの活躍にスポットを当てた。

 まず、フォーブスは自社ホームページを通じて、「『MONSTA X』の米国ポップス攻略が新しい英語シングル『LOVE U』と共に急速に成長している(Monsta X’s U.S. Pop Push Surges Ahead With New English Song 'Love You')」と題した記事を掲載した。

 「MONSTA X」が6月に発表した英語シングル「WHO DO U LOVE? 」が、ビルボードラジオチャートトップ30にランクインした成果について、「驚くべき成功」と表現したフォーブスは「このような人気に安住せず、ますます大きくなっていくファン層のため、より多くの音楽を作り上げている」とし、「新曲『LOVE U』」は遊び心あふれるポップな要素を見せており、ラッパーのジュホンとIMのボーカルをはじめ、メンバーたちの異なるボーカルスタイルが楽しめる曲」とラッパーたちのボーカル参加に注目した。

 また、「最も決定的なのは、『LOVE U』が積極的に、より多くのコンテンツや歌を発表している『MONSTA X』の曲だという点だが、これは米国で活動するK-POPアーティストたちにとっては非常に稀であるが、重要なマネジメント活動」とし、「1枚のシングルに依存せず、自分たちの音楽のアイデンティティを確立し、より多くの仕事をしているということを示すK-POPアーティストの痕跡」と持続的に続いている彼らのニューアルバム発売を高く評価した。

 さらに、「『エレンの部屋』のような有名トーク番組に出演することになったとき、レパートリーとして示すことができる追加の曲を持っており、これは新しいライブ公演でファンを熱狂させることもできる」と今後の成長の可能性や期待感も表わした。

 ビルボードも自社ホームページの記事を通じて、「『MONSTA X』が夏の最後、活気に満ちたニューシングルで帰ってきた」とし、新譜「LOVE U」を紹介した。

 ビルボードは、「LOVE U」について、「甘い欲望に満ちた新曲は遊び心にあふれたシンセサイザーのメロディと完璧なビートをもとに、男たちがロマンチックな感情について、優しく歌うミディテンポのトラック」とし、「『MONSTA X』特有の賑やかなダンス中心のシングルとは違い、新しいトラックはメンバー7人のボーカルを強調し、ソフトなポップバラーダーとして打ち出している」と音楽的な変身への称賛を惜しまなかった。

 「MONSTA X」は最近、米国ラスベガスで開催された「iHeartRadio MUSIC FESTIVAL」と「Life Is Beautiful Festival」、米国NBCチャンネルの「エレンの部屋」に出演し、グローバルな歩みを繰り広げた中、10月にはニューアルバムを発表し、国内歌謡界にカムバックする。