「Wanna One」出身パク・ジフンのグラビアが公開された。

 20日、ファッション誌「Singles」が公開したグラビアで、パク・ジフンは一段と深みを帯びたまなざしや、女心をくすぐるビジュアルで、現場にいた女性スタッフの感嘆をもたらした。

 9月にスタートし、視聴者から好評を博しているJTBCドラマ「朝鮮婚談工作所:コッパダン」でイメージコンサルタント、コ・ヨンス役を演じ、物語に活力を吹き入れているパク・ジフン。大人になってから、俳優としての初めての作品で、時代劇を選択したことについて、「どんな作品でも引き受けることになったら、ベストを尽くしたいという思いが強かったが、同年代の俳優たちとの息が、本当によく合い、撮影現場に行くことがとても楽しかった」と話した。

 特に、今回の作品でパク・ジフンが演じた魅力的なコ・ヨンス役について「コ・ヨンスとパク・ジフンは共通点が全くない。ヨンスのように愛嬌のある性格ではないので、より努力をした。特に、コ・ヨンスという人物を描きながら、彼に一体どんなことが起きたのか想像したりした。彼にどんなトラウマがあり、好き嫌いは何なのか、ヨンスの心の中から、じっくりとはがし取りながら分析してきた」と演技への情熱を明かした。

 「PRODUCE 101」Season2を皮切りにアイドル、俳優になるまで、休むことなく挑戦を繰り返してきたパク・ジフンは「失敗したと諦めるつもりはない。失敗を恐れずに、できるだけ多くの挑戦や経験を繰り返してみたい。その中で、得る失敗や成功、そういうものを感じながら、自ら成長していく足ががりになるのではないかと思う」と挑戦に臨む姿勢について伝えた。

 また、俳優として、次はどのような作品を選択したいのかについては、「作品を選択する基準を言うには、まだあまりにも経験が不足している。どのような作品でも、与えられたら、一生懸命頑張りたい」とし、「それでも高校生役を必ず演じてみたい。初々しい青春を表現してみたい」と欲も示した。

 パク・ジフンが出演中のJTBC「朝鮮婚談工作所:コッパダン」は毎週月・火曜午後9時30分から放送中。