映画「神と共に」シリーズを製作したデクスタースタジオの新作であり、イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ンドンソク、チョン・ヘジン、スジ(元Miss A)によるキャスティングで話題を集める映画「白頭山(ペクトゥサン)」が今年12月の公開を確定しPRポスターを公開した。

 今年12月に公開する「白頭山」は韓国と北朝鮮のいずれも飲み込む初の災害であり、白頭山の爆発を防がなければならない人々の物語を描いた映画だ。白頭山の火山噴火という果敢な想像力を基にイ・ビョンホンやハ・ジョンウから、マ・ドンソクやチョン・ヘジン、スジまで新鮮な共演が加えられ期待を集める。

 今回公開された「白頭山」のポスターは史上初の災害が発生したソウルの全景を捕らえ、視線を圧倒させる。火炎に包まれた建物や煙で立ち込める空、激しく揺れる漢江(ハンガン)まで白頭山爆発直後のソウルの様子をありありと映し出したポスターは実際の災害現場のような姿で緊張感を醸し出す。また「白頭山1次爆発。大韓民国災害警報。爆発が始まった」というコピーは韓国と北朝鮮いずれも飲み込む史上初の災害を予告し、「白頭山爆発」という新鮮な題材と緊迫感あふれる物語に対する関心を高めた。

 特に「白頭山」は「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」で2600万人以上の観客を動員したデクスタースタジオが製作を務め、いっそう現実的で緊迫した見どころを届けるものと期待を集める。

 ここに白頭山の火山噴火を食い止めるための決定的な情報を手に握った北朝鮮の武力部所属1級要員リ・ジュンピョン役にイ・ビョンホン、すべての運命がかかった秘密作戦に投入されたEOD隊員チョ・インチャン役にハ・ジョンウ、白頭山火山爆発の専門家で地質学教授カン・ボンレ役にマ・ドンソク、最後の爆発を防ぐための作戦を提案するチョン・ユギョン役にチョン・ヘジン、そして必ず生き残らなくてはならないチェ・ジヨン役にスジまで、安心して観ることができるキャストたちの新しい演技変身と歴代級のシナジーを予告し、これまで観られなかった新鮮な題材と予測不可能な展開で、今年の年末の劇場を完ぺきに虜にするものと期待されている。