韓国女優チャン・ナラが、高視聴率を記録したドラマ「VIP」が終演を迎えて心境を明かした。

 チャン・ナラは25日、SNSに「美しい心をもった私たちのチームと、撮影中ずっと感謝の時間だった。放送を見て、至らない点において気持ちがつらいときもあったけれど、全ての瞬間を温かく包んでくれたチーム全スタッフと出演者の先輩や後輩、同僚たち、一生忘れられない現場だった」と綴った。

 また、自身が演じたジョンソン(役名)について「ジョンソンはつらいことが多かったけど…」と作品を振り返った上で、「私にとっては、とても幸せな時間で、VIPのおかげで今後も幸せでいられそう」と感謝を伝えた。